kelkronsoの日記

 | 

2008-06-12scaffold + 検索

これある意味マルチポストなのかなぁ…。

scaffold + 検索 with Rails2.0

| 10:54 | scaffold + 検索 with Rails2.0 - kelkronsoの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - scaffold + 検索 with Rails2.0 - kelkronsoの日記

こんなの作ります。

f:id:kelkronso:20080612092150p:image:w350:h280

どっかで見たことある感じですね!すいません真似しました><

概要

検索がない一覧なんて一覧じゃない!ということで

scaffoldに検索機能をつけたものを作りたいと思います。


おまけとしてセレクトボックスも付いてます。

結果

長いので始めに結果を書いておきます。

実装約20分!

正直10分くらいでできると思ってたんですが、それなりに時間がかかってしまいました。


検索に関してはほんのさわり程度です、実装の方法は他にもあると思います。

むしろ僕にベストな方法を教えてくだs(ry


もくじ

セレクトボックス実装編

検索実装編

反省

前準備

RubyRailsDB

手順

とりあえずやったことをつらつらと書いて行きたいと思います。


何はともあれrailsコマンド

rails -d mysql(僕はmysqlで作りました。


メインとなるtodoモデル関連を作成

ruby script\generate scaffold todo name:string


セレクトボックスにぶちこむcategoryマスタのモデルを作成

ruby script\generate model category label:string


todoマイグレーションファイルに、categoryとの関連を書きます。

t.belongs_to :category

モデルにも書いておく

belongs_to :category


ここらで、rake db:migrateを実行し

画面を確認しておく。


いくらIDEを使っていようと、やはりスクリプト言語なので細かいチェックは欠かせません。

ちなみに僕は、categoryのスペルを間違っていてエラーもらいました・・・。


ここからセレクトボックス!

これではまだ画面はいつものままなので、セレクトボックスを追加します。

<%= f.text_field :name %>これは元々追加されてるはずなので、その下あたりに以下を追加

<%= f.collection_select(:category_id, Category.find(:all), :id, :label) %>


collection_selectの、第一引数はコントローラ側で受け取るときのキーになります

第二引数はコレクションを、

第三引数はvalueにバインドするフィールド、第四引数は表示するフィールドを入れます。


これでセレクトボックスが表示されます。

ですがこのままだと中身が空なので、


ruby script\generate migration add_category_data

として、テストデータ作成用のマイグレーションファイルを作成します。(コンソールで入れてもokです


upメソッドの中に、以下を追加します。

Category.create :label=>'Task', :id=>1

Category.create :label=>'Ploblem', :id=>2


rake db:migrateを実行するとセレクトボックスの中に値が入ってるいるはずです。


ついでに変更画面にも新規画面と同じコードを追加しておきます。


これでもうtodoとcategoryを関連付けたデータが作成可能です!

ここまで約10分!予想以上に時間かかったな・・・。


一覧画面でもcategoryを参照

index画面に以下を追加します。

<%=h todo.name %>(元からある

<%=h todo.category.label %>


あれ、categoryはjoinしてないよね?

ARは遅延読み込みをサポートしているので、このままでも動きます!

当然、先に読み込んでおくことも可能です。


これで、一覧画面でもcategoryを参照できるようになったはずです


バリデーション

todonameに対して、必須のバリデーションをかけておきます。todoモデルに以下を追加すればOK

validates_presence_of :name


行ごとに色を変える

index画面に以下を追記しておきます。

<span style="font-weight:bold;"><tr style="background-color:<%=cycle("red", "yellow")%>"></span>

cycleというのは、呼ばれる毎に引数の値を順番に表示してくれるメソッドです。


やっと検索!

検索フォームを作成する方法はいろいろありますが、今回はform_tagを使います。


index画面に以下を追加

<%form_tag :action=>"search" do%>
    <%=text_field_tag :keyword, @keyword%>
    <%=select_tag :category_id, options_from_collection_for_select(Category.find(:all), :id, :label, @category_id.to_i)%>
    <%=submit_tag "検索"%>
<%end%>

セレクトボックスの作成の仕方が先ほどと少し異なっています。

options_from_collection_for_selectというのは、"<option value="・・・">・・・</option>"を、指定したコレクションサイズの分だけ作ってくれます。


コントローラに以下を追加

  def search
    
    @todos = Todo.find(:all,
      :conditions=>["name like ? and category_id = ?", "%#{params[:keyword]}%", params[:category_id]]
    )    
    @keyword, @category_id = params[:keyword], params[:category_id]
    render :action=>:index
  end

text_field_tag :keywordに入力した値が、params[:keyword]によって取得できます。

@keyword, @category_id = params[:keyword], params[:category_id]で、値をインスタンス変数に入れなおしているのは、検索実行後にも検索条件を保持するためです。


これで検索ができるようになるはずです!

ここまで約20分!


反省

全件検索ができない

ActiveRecordで動的にクエリーを作成するのは意外と難しいです。ここでnamed_scopeの出番なわけですが、それはまた今度ということで・・・。


category_idに対して必須のバリデーションがかかっていない

実際は、以下のような感じで実装したのですが、毎回DBアクセスが走るのはよろしくないなぁ。

validates_inclusion_of :category_id,
    :in => Category.find(:all).map{|i| i.id}
全然DRYじゃない

セレクトボックスを作成する箇所をhelperに移動する、部分テンプレートを用いてeditとnewの重複を省く、などなど。

ElyzaElyza 2011/09/08 07:36 I thought finding this would be so aruodus but it's a breeze!

tuixddstuixdds 2011/09/08 16:43 w6qRSt <a href="http://hglzpjqktjul.com/">hglzpjqktjul</a>

clqdlbymclqdlbym 2011/09/10 19:06 Q5bpa4 <a href="http://avphjcuynisb.com/">avphjcuynisb</a>

jwznytjwznyt 2011/09/12 19:18 hi2R4I , [url=http://dxpsdklfycpr.com/]dxpsdklfycpr[/url], [link=http://kdumyutxhjcd.com/]kdumyutxhjcd[/link], http://suoqwdxeyiyk.com/

ゲスト



トラックバック - http://rubyist.g.hatena.ne.jp/kelkronso/20080612
 | 
BlogPet