ENV

ENV

refe

 ==== ENV ====
 環境変数を表すオブジェクトHash と同様のインターフェースを持ち
 ます。ただし、Hash と異なり、ENV のキーと値には文字列しか
 とることができません。
 
 ENV で得られる文字列は ENV['PATH'] を除いて汚染されていま
 す。(オブジェクトの汚染に関してはセキュリティデルを参照のこと)
 ENV['PATH'] はその要素が誰でも書き込み可能なディレクトリを含ん
 でいる場合に限り汚染されます。
 
         p ENV['TERM'].tainted?
         # => true
         p path = ENV['PATH']
         # => "/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/X11/bin"
         p path.tainted?
         # => false
 
 ruby 1.8 feature:
 また、ENV で得られる文字列は freeze されています。
 
         p ENV['TERM'].frozen?
         # => true
 ---- Singleton methods ----
 clear delete delete_if each each_key each_pair each_value
 empty? fetch has_key? has_value? include? index indexes
 indices invert key? keys length member? rehash reject
 reject! replace shift size to_a to_hash update value?
 values values_at
 ---- Instance methods ----
  = store
 ---- Singleton methods (inherited) ----
 ---- Instance methods (inherited) ----