Hatena::Grouprubyist

Going My Ruby Way このページをアンテナに追加 RSSフィード

Ruby ロゴ (C) Ruby Association LLC

2011年07月24日(日)

y

| 23:23 |   y - Going My Ruby Way を含むブックマーク はてなブックマーク -   y - Going My Ruby Way   y - Going My Ruby Way のブックマークコメント

require 'yaml' すると Kernel#.y が使える。

y はオブジェクトをYAMLな感じで表示してくれる。

$ irb -r yaml
>> h = {:a => 10,:b => 20}
=> {:a=>10, :b=>20}
>> y h
--- 
:a: 10
:b: 20
=> nil

ということで、~/.irbrc に追加しました。

require 'irb/completion'
require 'pp'
require 'yaml'   # 追加!

IRB.conf[:PROMPT_MODE] = :SIMPLE

-----

もしやと思って -r json してみたら j が使えました。(知らないことばっかしや)

$ irb -r json
>> h = {:a => 10,:b => 20}
=> {:a=>10, :b=>20}
>> j h
{"a":10,"b":20}
=> nil

こっちは、.irbrc には入れなくていいか。