バリケンのRuby日記 RSSフィード

2006-05-27

[] 即席ホットスポットの作り方  即席ホットスポットの作り方 - バリケンのRuby日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  即席ホットスポットの作り方 - バリケンのRuby日記  即席ホットスポットの作り方 - バリケンのRuby日記 のブックマークコメント

今日Rubyの話題から離れて、Windows XPで即席ホットスポットを作る方法をまとめるよ。

ちょっとした1~2時間の勉強会とかで、3~4人でノートパソコンを持ち寄ったりしたときに、みんなでインターネットに接続しながら作業をしたいときがあるよね(ネットワークが必要なスクリプトを作る、とか)。

そんなとき、そのうちの一人でも「ウィルコムインターネット常時接続」が利用できる環境であれば、無線LANアドホック接続を利用することで、1台のインターネット接続をみんなで共有することが出来るよ。いわば「即席ホットスポット」だね。

即席ホットスポットを作るには、Windows XPの「インターネット接続の共有」という機能を使うよ。

まず、「即席ホットスポットアクセスポイント」にするノートパソコンの設定をするよ。まずはウィルコム携帯電話ノートパソコンとを、ケーブルでつなぐよ。

次に、そのノートパソコン無線LANの機能があれば、それを有効にしてね。もし無線LANの機能がないなら、無線LANPCカードUSB機器を購入して接続してね。

f:id:muscovyduck:20060527233907j:image

じゃあ、設定しよう。事前にプロバイダとの契約を済ませて、ウィルコム携帯電話ノートパソコンからインターネットに接続する設定は終わっていることを仮定するよ。ちなみにぼくは月々315円の「IIJmioモバイルアクセス」を利用しているよ。

(1)まずは「スタート」→「接続」→「ワイヤレス ネットワーク接続」を右クリックして、「プロパティ」を表示させるよ。「ワイヤレス ネットワーク」のタブを選んで、「追加」をクリックしてね。

f:id:muscovyduck:20060527231832p:image

ネットワーク名(SSID)」には「InstantHotSpot」を指定してね。それから「キーは自動的に提供される」のチェックをはずしてから、「ネットワーク認証」には「オープン システム」を、「データ暗号化」には「WEP」を、「ネットワーク キー」には適当な13文字の半角英数字を設定するよ。また、一番下の「これはコンピュータ相互(ad hoc)のネットワークで、ワイヤレス アクセス ポイントを使用しない」にもチェックを入れてね。

f:id:muscovyduck:20060527231830p:image

(2)次に「接続」タブの設定だよ。「このネットワークが範囲内にあるとき接続する」にチェックが入っていることを確認してね。

f:id:muscovyduck:20060527231829p:image

(3)「OK」を押したら、次は右下の「詳細設定」だよ。

f:id:muscovyduck:20060527231821p:image

アクセスするネットワーク」を「コンピュータ相互(ad hoc)のみ」にするよ。

(4)さいごに、「スタート」→「接続」→「(プロバイダの接続名)」を右クリックして、「プロパティ」を表示させるよ。いちばん右の「詳細設定」のタブをクリックしてね。「ネットワークのほかのユーザーに、このコンピュータインターネット接続をとおしての接続を許可する」にチェックを入れて、「ホームネットワーク接続」に「ワイヤレス ネットワーク接続」を設定するよ。

f:id:muscovyduck:20060527231820p:image

これで即席ホットスポットは完成だよ。「スタート」→「接続」→「(プロバイダの接続名)」をクリックして、「ダイヤル」をクリックしてインターネットに接続しておいてね。次は、この即席ホットスポットに接続するために他のノートパソコンも設定するよ。もちろん接続するためには、ノートパソコン無線LANの機能が必要だよ。もし無線LANの機能がついてないなら、無線LANPCカードUSB機器を購入して接続してね。

先ほどの(1)(2)(3)と同じことを、他のノートパソコンでも設定してね。「ネットワーク キー」に設定した13文字の半角英数字は、みんな一緒じゃないと通信できないから注意してね。

勉強会が終わったら、かならず今回作った接続は削除してね。削除するには、「スタート」→「接続」→「ワイヤレス ネットワーク接続」を右クリックして、「プロパティ」を表示させるよ。「ワイヤレス ネットワーク」のタブを選んで、「InstantHotSpot」をクリックしてから「削除」をクリックしてね。

あと、この即席ホットスポットを使い終わったら、かならず(3)で設定した「アクセスするネットワーク」を「利用可能なネットワークアクセス ポイント優先)に戻してね。忘れると、自宅の無線ネットワークにつながらなくなっちゃうからね。

即席ホットスポットにしたノートパソコンは、ネットワークの共有も解除してね。解除は、「スタート」→「接続」→「(プロバイダの接続名)」を右クリックして、「プロパティ」を表示させて、いちばん右の「詳細設定」のタブをクリックして、「ネットワークのほかのユーザーに、このコンピュータインターネット接続をとおしての接続を許可する」のチェックをはずしてOKをクリックしてね。

慣れるまでなかなか難しいかもしれないけど、何度かやっていると覚えてくるから、チャレンジしてみてね。ウィルコム携帯電話を利用している人は、即席ホットスポットを使って喫茶店とかでミニ勉強会を開いてみると面白いかもしれないよ。

追記:無線LANアダプタによっては「コンピュータ相互(ad hoc)のネットワーク」ではなくて「ワイヤレス アクセス ポイント」として動作する「ソフトAP機能」を持っている場合があるよ。その場合は、ここで書いた方法よりも簡単に即席ホットスポットが作れるみたいだよ。

トラックバック - http://rubyist.g.hatena.ne.jp/muscovyduck/20060527