バリケンのRuby日記 RSSフィード

2006-06-08

[] QuickMLソースコードを読む(1) /usr/sbin/quickml  QuickMLのソースコードを読む(1) /usr/sbin/quickml - バリケンのRuby日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  QuickMLのソースコードを読む(1) /usr/sbin/quickml - バリケンのRuby日記  QuickMLのソースコードを読む(1) /usr/sbin/quickml - バリケンのRuby日記 のブックマークコメント

なんかフレームワークとしてはRuby on RailsActionMailerを使って作ればいいのかな?うーん、やっぱりRuby on Rails勉強をまじめにやったほうがいいのかも。

それはさておき、せっかくだからこの間インストールしたQuickMLソースコードを読んでみることにするよ。まずは最初に起動される「/usr/sbin/quickml」から。

/usr/sbin/quickml

#! /usr/bin/ruby1.8
# -*- mode: ruby -*-
#
# quickml - an easy-to-use mailing list server
#
# Copyright (C) 2002-2004 Satoru Takabayashi <satoru@namazu.org>
#     All rights reserved.
#     This is free software with ABSOLUTELY NO WARRANTY.
#
# You can redistribute it and/or modify it under the terms of
# the GNU General Public License version 2.
#

$KCODE = "e"
require 'quickml'

def error (msg)
  STDERR.puts "#{$0}: #{msg}"
  exit(1)
end

def show_usage
  puts "Usage: quickml <data directory> <smtp server> <domain name>"
end

def check_directory (dir)
  error("#{dir}: No such directory") unless File.directory?(dir)
  error("#{dir}: is not writable")   unless File.writable?(dir)
end

def be_daemon
  exit!(0) if fork
  Process::setsid
  exit!(0) if fork
  Dir::chdir("/")
  File::umask(022)
  STDIN.reopen("/dev/null",  "r+")
  STDOUT.reopen("/dev/null", "r+")
  STDERR.reopen("/dev/null", "r+")
end

def touch (filename)
  File.safe_open(filename, "a").close
end

def be_secure (config)
  return unless Process.uid == 0
  uid = Etc::getpwnam(config.user).uid
  gid = Etc::getgrnam(config.group).gid
  touch(config.pid_file)
  touch(config.log_file)
  File.chown(uid, gid, config.data_dir)
  File.chown(uid, gid, config.pid_file)
  File.chown(uid, gid, config.log_file)
  Process.uid  = uid
  Process.gid  = gid
  Process.euid = uid
end

def main (argv)
  config_file = if argv.length == 1 then
                  argv.first
                else
                  File.join("/etc/quickml", "quickmlrc")
                end
  config = QuickML::Config::load(config_file)
  check_directory(config.data_dir)

  be_daemon
  be_secure(config)

  server  = QuickML::Server.new(config)
  sweeper = QuickML::Sweeper.new(config)
  trap(:TERM) { server.shutdown; sweeper.shutdown }
  trap(:INT)  { server.shutdown; sweeper.shutdown }
  trap(:HUP)  { config.logger.reopen }
  t = Thread.new { sweeper.start }
  t.abort_on_exception = true
  server.start
end
main(ARGV)

まずは上から読んでいこうかな。

$KCODE

$KCODE = "e"

これは組み込み変数$KCODEで、「このRubyスクリプト中で使用する漢字コードはeucである」ことを宣言しているんだよね。

require

require 'quickml'

これはKernel#requireメソッドで、「/usr/lib/ruby/1.8/quickml.rbをRubyスクリプトとして読み込む」ということだよね。


errorメソッド

def error (msg)
  STDERR.puts "#{$0}: #{msg}"
  exit(1)
end

これは、エラーメッセージを出力するerrorメソッドの定義だね。標準エラー出力(組み込み定数STDERR)に「コマンド名: メッセージ」を出力して、Kernel#exitメソッドで「1」を戻り値としてスクリプトを終了するよ。

show_usageメソッド

def show_usage
  puts "Usage: quickml <data directory> <smtp server> <domain name>"
end

これは、コマンドの使用方法を出力するshow_usageメソッドの定義だね。単にputsで上記の文字列を出力させるだけのメソッド。でもこのメソッド、どこからも呼ばれていないみたいなんだよね。昔のバージョンの名残かな?

とりあえず今日はここまで。うーん、先は長いなあ。

トラックバック - http://rubyist.g.hatena.ne.jp/muscovyduck/20060608