バリケンのRuby日記 RSSフィード

2006-06-26

[] QuickMLソースコードを読む(16) quickml/sweeper.rbの続き  QuickMLのソースコードを読む(16) quickml/sweeper.rbの続き - バリケンのRuby日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  QuickMLのソースコードを読む(16) quickml/sweeper.rbの続き - バリケンのRuby日記  QuickMLのソースコードを読む(16) quickml/sweeper.rbの続き - バリケンのRuby日記 のブックマークコメント

昨日の日記の続きだよ。

まずはプライベートメソッドから見ていくね。

    private
    def mlname (filename)
      File.basename(filename)
    end

これはQuickML::Sweeperのプライベートメソッド、mlnameメソッドだね。File::basenameメソッドを使って、フルパスファイル名からファイル名のみを取り出すよ。

    def mladdress (name)
      address = name
      address += if name.include?("@") then "." else "@" end
      address += @config.domain
    end

これはQuickML::Sweeperのプライベートメソッド、mladdressメソッドだね。まず引数で与えられたオブジェクトにaddressというラベルを貼り付け、次にそのオブジェクトが「@」を含んでいれば「.」を、含んでいないのであれば「@」を文字列の最後に付加した文字列オブジェクトを生成し、addressというラベルを貼りなおすよ。最後にインスタンス変数@configからQuickML::Config#domainメソッド(アクセサ)で得られた文字列を、addressが指すオブジェクトの最後に付加した文字列オブジェクトを生成し、addressというラベルを貼りなおすよ。

今日はここまで。

トラックバック - http://rubyist.g.hatena.ne.jp/muscovyduck/20060626