バリケンのRuby日記 RSSフィード

2006-06-27

[] QuickMLソースコードを読む(17) quickml/sweeper.rbの続き  QuickMLのソースコードを読む(17) quickml/sweeper.rbの続き - バリケンのRuby日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  QuickMLのソースコードを読む(17) quickml/sweeper.rbの続き - バリケンのRuby日記  QuickMLのソースコードを読む(17) quickml/sweeper.rbの続き - バリケンのRuby日記 のブックマークコメント

昨日の日記の続きだよ。

    def ml_file? (filename)
      File.file?(filename) && QuickML.valid_name?(mlname(filename))
    end

これはQuickML::Sweeperのプライベートメソッド、ml_file?メソッドだね。

まずfilename変数が貼り付けてあるオブジェクトに対して、mlnameメソッドでフルパスファイル名からファイル名のみを取り出すよ。

次にQuickML::QuickML::valid_name?メソッド(これはquickml/core.rbで定義されているよ)で、QuickMLで扱うことのできる正しいファイル名かどうかをチェックしているよ。

そしてFile::file?メソッドで「そのファイル存在するか(かつ、ディレクトリじゃなくて本当に「ファイル」か)」をチェックするよ。

そして「&&」は「かつ」だったね。だから、「そのファイル存在し、かつQuickMLで扱うことのできる正しいファイル名である」ならtrueを、そうでなければfalseを返すメソッド、ということになるね。

今日はここまで。

トラックバック - http://rubyist.g.hatena.ne.jp/muscovyduck/20060627