バリケンのRuby日記 RSSフィード

2007-03-25

[] Rubyのインストール手順(Windows版)  Rubyのインストール手順(Windows版) - バリケンのRuby日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  Rubyのインストール手順(Windows版) - バリケンのRuby日記  Rubyのインストール手順(Windows版) - バリケンのRuby日記 のブックマークコメント

WindowsでのRubyのインストール手順は、るびまの記事を参考にすれば大丈夫だけど、いちおうぼくもメモとしてまとめておくよ。

ダウンロード

こちらからRubyインストーラダウンロードするよ。ここでは、現時点での最新版であるruby186-25.exeダウンロードしたこととして話をすすめるよ。

インストール

ダウンロードしたruby186-25.exeをダブルクリックして起動するよ。

f:id:muscovyduck:20070325172054p:image

次のような感じでインストーラが起動するよ。

f:id:muscovyduck:20070325172053p:image

Next」をクリックして次に進んでね。

f:id:muscovyduck:20070325172051p:image

「I Agree」をクリックして次に進んでね。

f:id:muscovyduck:20070325172050p:image

そのまま「Next」をクリックして次に進んでね。

f:id:muscovyduck:20070325172047p:image

これもそのまま「Next」をクリックして次に進んでね(Cドライブ以外にインストールしたい人は「C:\ruby」のところを変更してね)。

f:id:muscovyduck:20070325172249p:image

そのまま「Install」をクリックして次に進んでね。

f:id:muscovyduck:20070325172248p:image

ファイルが展開されるのにしばらく時間がかかるから、ちょっと待ってね。

f:id:muscovyduck:20070325172247p:image

展開が終わったら、「Next」をクリックして次に進んでね。

f:id:muscovyduck:20070325172246p:image

「Finish」をクリックすればインストールは完了だよ。Readmeが表示されるけど、内容を確認したら閉じてしまってかまわないよ。

[][] Ruby on Railsインストール方法(Windows版)  Ruby on Railsのインストール方法(Windows版) - バリケンのRuby日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  Ruby on Railsのインストール方法(Windows版) - バリケンのRuby日記  Ruby on Railsのインストール方法(Windows版) - バリケンのRuby日記 のブックマークコメント

先ほどRubyインストールしたけど、次はRuby on Railsインストールをやってみるよ。

RubyGems Package Managerを起動する

Ruby on Railsインストール方法は色々あるけど、ここでは「RubyGems Package Manager」を使う方法でインストールしてみるよ。まずは、さっきインストールしたRubyについている「RubyGems Package Manager」を起動するよ。

起動するには「スタート」「プログラム」「Ruby-186-25」「RubyGems」「RubyGems Package Manager」と順番にクリックしてね。

Ruby on Railsインストール

先ほどの手順で起動したRubyGems Package Managerは、実は単なるコマンドプロンプトだよ。そしてRuby on Railsインストールするには、次のコマンド入力するだけだよ。

gem install rails --include-dependencies

インストールがうまくいけば、次のようなメッセージが画面に出ているはずだよ。

c:\ruby>gem install rails --include-dependencies
Bulk updating Gem source index for: http://gems.rubyforge.org
Successfully installed rails-1.2.3
Successfully installed activesupport-1.4.2
Successfully installed activerecord-1.15.3
Successfully installed actionpack-1.13.3
Successfully installed actionmailer-1.3.3
Successfully installed actionwebservice-1.2.3
Installing ri documentation for activesupport-1.4.2...
Installing ri documentation for activerecord-1.15.3...
Installing ri documentation for actionpack-1.13.3...
Installing ri documentation for actionmailer-1.3.3...
Installing ri documentation for actionwebservice-1.2.3...
Installing RDoc documentation for activesupport-1.4.2...
Installing RDoc documentation for activerecord-1.15.3...
Installing RDoc documentation for actionpack-1.13.3...
Installing RDoc documentation for actionmailer-1.3.3...
Installing RDoc documentation for actionwebservice-1.2.3...

c:\ruby>

あと、データベースのアダプタが最低ひとつ必要だよ。ここでは、たぶん一番扱いのやさしいSQLite3のアダプタをインストールするよ。次のようにコマンド入力してね。

gem install sqlite3-ruby

そうすると、次のようなメッセージが出るはずだよ。

Select which gem to install for your platform (i386-mswin32)
 1. sqlite3-ruby 1.2.1 (ruby)
 2. sqlite3-ruby 1.2.1 (mswin32)
 3. sqlite3-ruby 1.2.0 (mswin32)
 4. sqlite3-ruby 1.2.0 (ruby)
 5. Skip this gem
 6. Cancel installation
> 

これは、インストールするパッケージの候補が複数あるときに出てくるみたいだけど、今回はmswin32の一番新しいバージョン(つまり「2」)を選択すればいいよ。

c:\ruby>gem install sqlite3-ruby
Select which gem to install for your platform (i386-mswin32)
 1. sqlite3-ruby 1.2.1 (ruby)
 2. sqlite3-ruby 1.2.1 (mswin32)
 3. sqlite3-ruby 1.2.0 (mswin32)
 4. sqlite3-ruby 1.2.0 (ruby)
 5. Skip this gem
 6. Cancel installation
> 2
Successfully installed sqlite3-ruby-1.2.1-mswin32
Installing ri documentation for sqlite3-ruby-1.2.1-mswin32...
Installing RDoc documentation for sqlite3-ruby-1.2.1-mswin32...

c:\ruby>

こんな感じでRubyGems Package Managerは、自動的にインターネット経由で最新版のパッケージを探してインストールしてくれるよ。でも、環境によってはうまくインストールできないこともあるから、そのときはパッケージを手動でダウンロードしてインストールする必要があるよ。

Ruby on Railsを動かすために必要なパッケージは、次のとおりだよ。

ここでは、

ダウンロードしたよ。そしてこれらのファイルをC:\rubyに移動してから、RubyGems Package Managerを起動して

gem install activesupport activerecord actionpack actionmailer actionwebservice rails sqlite3-ruby

コマンド入力すれば、インストールできるはずだよ。

インストール済みのgemパッケージはC:\ruby\lib\ruby\gems\1.8\cacheフォルダ以下にコピーされるから、インストールに利用したC:\ruby以下に置いたgemファイル削除しちゃってもかまわないよ。

RubyGems Package Managerのもっと詳しい使い方を知りたい人は、るびまの記事を読んでね。

SQLite3のインストール

さいごに、SQLite3のインストールをするよ。こちらからSQLite3のdllファイルダウンロードしてね。ここではsqlitedll-3_3_13.zipダウンロードしたよ。

ダウンロードしたsqlitedll-3_3_13.zipを展開して、その中にある「sqlite3.dll」をC:\Windows\System32フォルダコピーしてね。

これで、Ruby on Railsが使える状態になっているはずだよ。

[][] Ruby on Rails掲示板(超手抜き版)  Ruby on Railsで掲示板(超手抜き版) - バリケンのRuby日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  Ruby on Railsで掲示板(超手抜き版) - バリケンのRuby日記  Ruby on Railsで掲示板(超手抜き版) - バリケンのRuby日記 のブックマークコメント

先ほどのエントリでせっかくRuby on Railsインストールしたから、ためしに簡単なWebアプリを作ってみよう!

今回は、簡単な掲示板を作ってみることにするよ。

コマンドプロンプトの起動

まずは、「スタート」「プログラム」「アクセサリ」「コマンドプロンプト」の順にクリックして、コマンドプロンプトを起動してね。

Ruby on Railsの作業は、基本的にはコマンドプロンプトで行う必要があるよ。

Ruby on Rails用のディレクトリの作成

Ruby on Railsの作業用ディレクトリを作って、そこに移動するよ。ここでは、C:\にrailsというディレクトリを作ることにしたよ。

cd \
mkdir rails
cd rails

Railsプロジェクトの作成

次のコマンド入力して、Railsプロジェクトを作成するよ。

rails -d sqlite3 bbs

うまくいくと、次のようなメッセージが画面に出るはずだよ。

C:\rails>rails -d sqlite3 bbs
      create
      create  app/controllers
      create  app/helpers
      create  app/models
      create  app/views/layouts
      create  config/environments
      create  components
      create  db
      create  doc
      create  lib
      create  lib/tasks
      create  log
      create  public/images
      create  public/javascripts
      create  public/stylesheets
      create  script/performance
      create  script/process
      create  test/fixtures
      create  test/functional
      create  test/integration
      create  test/mocks/development
      create  test/mocks/test
      create  test/unit
      create  vendor
      create  vendor/plugins
      create  tmp/sessions
      create  tmp/sockets
      create  tmp/cache
      create  tmp/pids
      create  Rakefile
      create  README
      create  app/controllers/application.rb
      create  app/helpers/application_helper.rb
      create  test/test_helper.rb
      create  config/database.yml
      create  config/routes.rb
      create  public/.htaccess
      create  config/boot.rb
      create  config/environment.rb
      create  config/environments/production.rb
      create  config/environments/development.rb
      create  config/environments/test.rb
      create  script/about
      create  script/breakpointer
      create  script/console
      create  script/destroy
      create  script/generate
      create  script/performance/benchmarker
      create  script/performance/profiler
      create  script/process/reaper
      create  script/process/spawner
      create  script/process/inspector
      create  script/runner
      create  script/server
      create  script/plugin
      create  public/dispatch.rb
      create  public/dispatch.cgi
      create  public/dispatch.fcgi
      create  public/404.html
      create  public/500.html
      create  public/index.html
      create  public/favicon.ico
      create  public/robots.txt
      create  public/images/rails.png
      create  public/javascripts/prototype.js
      create  public/javascripts/effects.js
      create  public/javascripts/dragdrop.js
      create  public/javascripts/controls.js
      create  public/javascripts/application.js
      create  doc/README_FOR_APP
      create  log/server.log
      create  log/production.log
      create  log/development.log
      create  log/test.log

C:\rails>

プロジェクトディレクトリに移動

さっきのコマンドbbsというプロジェクトディレクトリが作成されたから、そこに移動するよ。

cd bbs

モデルの作成

次は、モデル部分を作成するよ。ひとつの掲示板の書き込み(エントリ)は「タイトル」「本文」「書き込んだ時間」からなるものとするよ。

次のコマンド入力すると、モデルの雛形を生成してくれるよ。

ruby script\generate model entry

うまくいくと、次のようなメッセージが画面に出るはずだよ。

C:\rails\bbs>ruby script\generate model entry

      exists  app/models/
      exists  test/unit/
      exists  test/fixtures/
      create  app/models/entry.rb
      create  test/unit/entry_test.rb
      create  test/fixtures/entries.yml
      create  db/migrate
      create  db/migrate/001_create_entries.rb

C:\rails\bbs>

次に、さっきのコマンドdb/migrate/001_create_entries.rbというスクリプトができているはずだから、このファイルエディタで開いてみると、次のような内容になっているはずだよ。

class CreateEntries < ActiveRecord::Migration
  def self.up
    create_table :entries do |t|
    end
  end

  def self.down
    drop_table :entries
  end
end

タイトル」「本文」「書き込んだ時間」という列をデータベースに定義したいから、次のようにこのファイル編集するよ。

class CreateEntries < ActiveRecord::Migration
  def self.up
    create_table :entries do |t|
      t.column :title, :string, :null => false
      t.column :body, :text, :null => false
      t.column :created_on, :datetime, :null => false
    end
  end

  def self.down
    drop_table :entries
  end
end

編集が終わったら、コマンドプロンプトに戻って「rake db:migrate」というコマンド入力するよ。成功すれば、次のようなメッセージが出るはずだよ。

C:\rails\bbs>rake db:migrate
(in C:/rails/bbs)
== CreateEntries: migrating ===================================================
-- create_table(:entries)
   -> 0.2100s
== CreateEntries: migrated (0.2200s) ==========================================

C:\rails\bbs>

コントローラーの作成

次のコマンド入力すると、コントローラーの雛形を生成してくれるよ。

ruby script\generate controller bbs

うまくいくと、次のようなメッセージが画面に出るはずだよ。

C:\rails\bbs>ruby script\generate controller bbs
      exists  app/controllers/
      exists  app/helpers/
      create  app/views/bbs
      exists  test/functional/
      create  app/controllers/bbs_controller.rb
      create  test/functional/bbs_controller_test.rb
      create  app/helpers/bbs_helper.rb

C:\rails\bbs>

次に、コントローラーモデルの関連付けをするよ。さっきのコマンドでapp/controllers/bbs_controller.rbというスクリプトができているはずだから、このファイルエディタで開いてみると、次のような内容になっているはずだよ。

class BbsController < ApplicationController
end

次のように編集して、コントローラーモデルの関連付けをするよ。

class BbsController < ApplicationController
  scaffold :entry
end

Webサーバの起動

またコマンドプロンプトに戻って、「ruby script\server」と入力してテスト用のWebサーバを起動するよ。うまくいくと、次のようなメッセージが画面に出るはずだよ。

C:\rails\bbs>ruby script\server
=> Booting WEBrick...
=> Rails application started on http://0.0.0.0:3000
=> Ctrl-C to shutdown server; call with --help for options
[2007-03-25 22:58:04] INFO  WEBrick 1.3.1
[2007-03-25 22:58:04] INFO  ruby 1.8.6 (2007-03-13) [i386-mswin32]
[2007-03-25 22:58:04] INFO  WEBrick::HTTPServer#start: pid=2240 port=3000

メッセージにあるとおり、Webサーバを終了させるにはCtrlキーを押しながら「C」キーを押せばいいみたい。

掲示板アクセス

Webブラウザを起動して、http://localhost:3000/bbs/listアクセスしてみてね。

掲示板に書き込むには「New entry」をクリックして、編集画面に移動してね。「Title」にタイトル、「Body」に本文を入力してね。日付は自動的に現在時刻が入っているはずだよ。入力できたら「Create」ボタン押してね。掲示板への書き込みがひとつ増えているはずだよ。

なんとなくRuby on RailsでのWebアプリの作り方の雰囲気はつかめたかな?