バリケンのRuby日記 RSSフィード

2007-03-26

[][] Debian SargeのRubyをbackportの最新版にする  Debian SargeのRubyをbackportの最新版にする - バリケンのRuby日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  Debian SargeのRubyをbackportの最新版にする - バリケンのRuby日記  Debian SargeのRubyをbackportの最新版にする - バリケンのRuby日記 のブックマークコメント

Debian Sargeに付属のRubyのバージョンは、1.8.2とちょっと古いバージョンだよ。

より新しいバージョンのRubyを使うには、backportのパッケージを利用すればいいみたい。

 backport とは testing, unstableなどの新しいパッケージをstable

 で利用できるようにしたものです。つまり、stableで安定性を求め

 ながら新しい機能が利用できるようになります。

http://lists.debian.or.jp/debian-users/200311/msg00194.html

じゃあ、こちらを参考にbackportのRubyをインストールしてみよう!まずは/etc/apt/sources.listを編集するよ。

vi /etc/apt/sources.list

こちらを見ると、backportの日本のミラーサイトはbackports.mithril-linux.orgみたいだから、次のapt-lineを追加するよ。

deb http://backports.mithril-linux.org sarge-backports main contrib non-free
deb-src http://backports.mithril-linux.org sarge-backports main contrib non-free

次に、/etc/apt/preferencesを編集(なければ作成)するよ。

vi /etc/apt/preferences

次のような内容にするよ。

Package: *
Pin: release a=sarge-backports
Pin-Priority: 1

Package: *
Pin: release a=stable
Pin-Priority: 900

Package: ruby1.8
Pin: release a=sarge-backports
Pin-Priority: 900

Package: ruby1.8-dev
Pin: release a=sarge-backports
Pin-Priority: 900

Package: libruby1.8
Pin: release a=sarge-backports
Pin-Priority: 900

Package: libopenssl-ruby1.8
Pin: release a=sarge-backports
Pin-Priority: 900

あとは、いつものとおりaptitude updateとaptitude upgradeを実行すればいいみたい。

aptitude update
aptitude upgrade

Rubyのバージョンを確かめてみるよ。

% ruby -v
ruby 1.8.5 (2006-08-25) [i386-linux]
%

ちゃんと1.8.5になったみたい。

トラックバック - http://rubyist.g.hatena.ne.jp/muscovyduck/20070326