バリケンのRuby日記 RSSフィード

2007-07-18

[] coLinux 0.8.0でDebian GNU/Linux 4.0 (etch)  coLinux 0.8.0でDebian GNU/Linux 4.0 (etch) - バリケンのRuby日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  coLinux 0.8.0でDebian GNU/Linux 4.0 (etch) - バリケンのRuby日記  coLinux 0.8.0でDebian GNU/Linux 4.0 (etch) - バリケンのRuby日記 のブックマークコメント

久しぶりにcoLinuxのSnapshotsのサイトアクセスしたら、coLinux 0.8.0の2007年7月8日Snapshot(devel-coLinux-20070708.exe)が公開されていたよ。

そしてSourceForgeのcoLinuxダウンロードサイトには、Debian GNU/Linux 4.0 (etch)のイメージ(Debian-4.0r0-etch.ext3.1gb.bz2)も公開されているみたい。

Debian GNU/Linux 3.1 (sarge)からDebian GNU/Linux 4.0 (etch)へのアップグレードは難しいから、このさいだから新規インストールしちゃうことにしたよ。

インストールの方法は、基本的には以前書いた方法で大丈夫だったよ。ただ、Debian GNU/Linux 4.0 (etch)のイメージにはviエディタが全く入っていなかったから、エディタにはnanoというフルスクリーンエディタを使うといいみたいだよ。その他の注意点は、こちらのサイトがとてもよくまとまっているから、参考になるよ。

以下、参考になるかどうかわからないけど、インストールの際の画像だよ。

インストール

devel-coLinux-20070708.exeをダブルクリックしてインストーラを起動するよ。次のように「署名がない」って怒られちゃうけど、「実行」をクリックしてね。

f:id:muscovyduck:20070718045749p:image

次のようにセットアップウインドウが出てくるから、「Next」をクリックしてね。

f:id:muscovyduck:20070718045748p:image

次のようにライセンスが表示されるから、「I Agree」をクリックしてね。

f:id:muscovyduck:20070718045747p:image

次のようにインストールコンポーネントの選択画面が出てくるから、

f:id:muscovyduck:20070718045746p:image

インストールしないコンポーネントのチェックを外すよ。ここでは次のように「coLinux Virtual Network Daemon (SLiRP)」「coLinux Bridged Ethernet (WinPcap)」「coLinux Virtual Serial Device」「Root Filesystem image Download」のチェックを外して、インストールしないようにしたよ。

ちなみに今回インストールしなかった「coLinux Virtual Network Daemon (SLiRP)」を使うときの例は、こちらが参考になるよ。

そのあと、「Next」をクリックしてね。

f:id:muscovyduck:20070718045745p:image

インストールする場所を指定するよ。特に変更がなければ「Next」をクリックしてね。

f:id:muscovyduck:20070718045858p:image

ファイルのコピーが始まるよ。

f:id:muscovyduck:20070718045857p:image

とちゅう、次のようにネットワーク仮想ドライバのインストールのところで「署名がない」って怒られちゃうけど、「続行」をクリックしてね。

f:id:muscovyduck:20070718045856p:image

次のようにファイルのコピーが終わったら、「Next」をクリックしてね。

f:id:muscovyduck:20070718045855p:image

次のように最後のメッセージが出るから、「Finish」をクリックしてね。テキストエディタでReadmeが表示されるけど、閉じてしまってかまわないよ。

f:id:muscovyduck:20070718045854p:image

ファイルシステムの展開

  • Lhaplusとかのツールを使って、圧縮されているDebian-4.0r0-etch.ext3.1gb.bz2を展開するよ。展開するとファイル名はDebian-4.0r0-etch.ext3.1gbとなるよ。展開したファイルは、coLinuxインストールフォルダ(C:\Program Files\coLinux)に移動しよう。
  • 圧縮ファイル(39MB)を展開すると、巨大なファイル(1GB)にふくれあがるよ。だからファイルの展開中はPCがフリーズしたように見えるかもしれないけど、ガマンして待ってね。

debian.batをテキストエディタで作成(coLinuxインストールフォルダに)

coLinuxインストールしたフォルダ(C:\Program Files\coLinux)に、debian.batというファイルを作成するよ。

ファイルの中身は一行だけ。次のようにしてね。

colinux-daemon @debian.conf -t nt

debian.confをテキストエディタで作成(coLinuxインストールフォルダに)

coLinuxインストールしたフォルダ(C:\Program Files\coLinux)に、debian.confというファイルを作成するよ。

ファイルの中身は次のようにしてね。

kernel=vmlinux
cobd0=Debian-4.0r0-etch.ext3.1gb
cobd1=swap_device
initrd=initrd.gz
mem=64
eth0=tuntap
root=/dev/cobd0
cofs0=C:\

swap用の空のファイルの作成

Windowsのコマンドプロンプトを起動して、次のコマンドを実行するよ。

> fsutil file createnew swap_device 268435456

そうすると「swap_device」というファイルができあがるから、coLinuxインストールしたフォルダ(C:\Program Files\coLinux)に移動してね。

coLinuxを起動してログイン

さあ、いよいよcoLinuxを起動してみよう。debian.batをダブルクリックしてみてね。coLinuxのコンソールが起動して、最後に「login:」と表示されたら起動成功だよ。ユーザー名はroot、パスワードもrootでログインしてね。

テキストエディタ

ふつう、Linuxだとviエディタを使うことが多いけど、なぜか入っていないみたい。だから、nanoというエディタを使ってね。

/etc/network/interfacesを修正(現在のネットワークとぶつからないように)

ネットワークの設定ファイルを自分の環境に合わせて修正するよ。/etc/network/interfacesをテキストエディタで編集してね。

# nano /etc/network/interfaces

ちなみにぼくはcoLinuxのIPアドレスを192.168.5.40に、デフォルトゲートウェイを192.168.5.1にしたかったから、次のような内容にしたよ。

auto lo
iface lo inet loopback

auto eth0
iface eth0 inet static
   address 192.168.5.40
   broadcast 192.168.5.255
   netmask 255.255.255.0
   gateway 192.168.5.1

/etc/resolv.confを修正

次はDNSサーバの設定を変更するよ。今回はWindowsのDNSの設定をリレーして利用するから、デフォルトゲートウェイと同じIPアドレス(192.168.5.1)にするよ。

# nano /etc/resolv.conf

次のような内容にするよ。

nameserver 192.168.5.1

swapを初期化し、有効にする

スワップファイルを有効にするため、次のコマンドを実行するよ。

# mkswap /dev/cobd1
# swapon /dev/cobd1

Windows側のネットワークの設定

ここまできたら、Windows側のネットワークの設定をしてcoLinuxと通信できるようにしよう。

  • 実Ethernetのインタフェースを「インターネット接続の共有」に設定するよ。共有するインタフェースは「TAP-Win32 Adapter」というデバイス名になっているインタフェースだよ。
  • 「インターネット接続の共有」にすると、「TAP-Win32 Adapter」のIPアドレスがいったん192.168.0.1に設定されるから、さっきcoLinuxのほうでデフォルトゲートウェイに指定したIPアドレス(ここでは192.168.5.1)に設定しなおすよ。

/etc/apt/sources.listの編集

アップデートパッケージの入手先を設定する「/etc/apt/sources.list」ファイルを設定するよ。

# nano /etc/apt/sources.list

次のように設定してね。

deb http://www.t.ring.gr.jp/pub/linux/debian/debian etch main
deb http://security.debian.org/ etch/updates main contrib

ネットワークの設定を有効にする

次のコマンドでネットワークの設定を有効にするよ。

# /etc/init.d/networking restart

日本語キーボードの設定

日本語キーボードを利用している人は、日本語キーボードの設定が必要だよ。次のコマンドを入力してね。

# dpkg-reconfigure console-data

次の画面が出たら、そのまま改行キーを押してね。

f:id:muscovyduck:20070718073730p:image

次の画面が出たら、カーソルキーで「Select keymap from arch list」を選択して、タブキーで「Ok」のところにカーソルを移動してから改行キーを押してね。

f:id:muscovyduck:20070718073729p:image

次の画面が出たら、カーソルキーで「qwerty」を選択して、タブキーで「Ok」のところにカーソルを移動してから改行キーを押してね。

f:id:muscovyduck:20070718073728p:image

次の画面が出たら、カーソルキーで「Japanese」を選択して、タブキーで「Ok」のところにカーソルを移動してから改行キーを押してね。

f:id:muscovyduck:20070718073727p:image

次の画面が出たら、ダイアログではカーソルキーで「Standard」を選択して、タブキーで「Ok」のところにカーソルを移動してから改行キーを押してね。

f:id:muscovyduck:20070718073726p:image

これで日本語キーボードの設定は完了だよ。

タイムゾーンの設定

時計を日本時間に合わせよう。tzconfigコマンドで、タイムゾーンの設定ができるよ。

# tzconfig

次のような画面が表示されるから、最初の質問には「y」、次の質問には「5」(Asia)を答えてね。

f:id:muscovyduck:20070718073752p:image

最後の質問には「Tokyo」を入力してね。

f:id:muscovyduck:20070718073751p:image

coLinuxの終了

coLinuxを終了するときは、いきなりウインドウを閉じるのではなくて、shutdownコマンドで終了させてね。

# /sbin/shutdown -h now
トラックバック - http://rubyist.g.hatena.ne.jp/muscovyduck/20070718