バリケンのRuby日記 RSSフィード

2007-07-29

[][] Drecom Award on Rails 2007のレンタルサーバredMineセットアップ  Drecom Award on Rails 2007のレンタルサーバにredMineをセットアップ - バリケンのRuby日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  Drecom Award on Rails 2007のレンタルサーバにredMineをセットアップ - バリケンのRuby日記  Drecom Award on Rails 2007のレンタルサーバにredMineをセットアップ - バリケンのRuby日記 のブックマークコメント

Drecom Award on Rails 2007に参加している人に、ちょっとお手伝いをすることになったよ。

まずはDrecom Award on Rails 2007のレンタルサーバプロジェクト管理ツールredMineセットアップしたから、メモとして残しておくよ。

開発用サーバへのログイン

sshコマンドを使って、レンタルサーバログインするよ。

$ ssh -p [sshポート番号] [レンタルサーバのホスト名] -l [ログインID]

ダウンロード

redMineのダウンロードサイトを見て、最新版をダウンロードするよ。ここでは、バージョン0.5.1をダウンロードしたよ。ダウンロードにはwgetコマンドを利用するよ。

% wget http://rubyforge.org/frs/download.php/22783/redmine-0.5.1.tar.gz

ダウンロードしたファイルは圧縮されているから、tarコマンドで展開するよ。展開するとredmine-0.5.1というディレクトリができるから、cdコマンドで移動するよ。

% tar xvzf redmine-0.5.1.tar.gz
% cd redmine-0.5.1

SQLite3をlibに追加

Awarad on Railsレンタルサーバでは、利用できるMySQLデータベースはひとつだけだよ。そこで、redMine用に独自のデータベース(SQLite3)をセットアップするよ。

SQLite3のライブラリlibに追加

SQLiteのダウンロードサイトを見て、Linuxバイナリの最新版をダウンロードするよ。ここでは、バージョン3.4.1をダウンロードしているよ。ダウンロードにはwgetコマンドを利用するよ。

% wget http://www.sqlite.org/sqlite-3.4.1.so.gz

ダウンロードしたファイルは圧縮されているから、gunzipコマンドで展開するよ。展開したファイルmvコマンドlibディレクトリに移動するよ。

% gunzip sqlite-3.4.1.so.gz
% mv sqlite-3.4.1.so lib
sqlite3-rubylibに追加

このままではRuby on RailsからSQLiteを利用できないから、SQLite3のRubyアダプタであるsqlite3-rubylibディレクトリに追加するよ。

本当はsqlite3-rubyソースコードを入手してコンパイルする必要があるんだけど、面倒だったからここではすでに他のLinuxマシンセットアップ済み(コンパイル済み)のsqlite3-rubyをそのまま流用したよ。

まずは、sqlite3-rubyがすでに導入されているLinuxマシン上で、ライブラリアーカイブするよ。ここでは/opt/rubygems/gems/sqlite3-ruby-1.2.1以下にsqlite3-rubyセットアップされているものとするよ。

$ cd /opt/rubygems/gems/sqlite3-ruby-1.2.1
$ tar cvf /tmp/sqlite3-ruby.tar lib
$ cd /tmp
$ gzip sqlite3-ruby.tar

上記で作成したsqlite3-ruby.tar.gzを、scpコマンドで開発用サーバ転送するよ。

$ scp -P [sshポート番号] sqlite3-ruby.tar.gz [ログインID]@[レンタルサーバのホスト名]:/home/[ログインID]/redmine-0.5.1/

開発用サーバ側では、redmine-0.5.1のディレクトリ上でそのまま展開すればOKだよ。

% tar xvzf sqlite3-ruby.tar.gz

RedClothをlibに追加

redMine上でTextile記法を利用可能にするため、RedClothを導入するよ。こちらも面倒だったので、今回はRedClothをすでに導入済みのLinuxマシンから直接コピーしちゃったよ。

ここではローカルLinuxマシンの/usr/lib/ruby/1.8/redcloth.rbを開発用サーバコピーしたよ。

$ cd /usr/lib/ruby/1.8/
$ scp -P [sshポート番号] redcloth.rb [ログインID]@[レンタルサーバのホスト名]:/home/[ログインID]/redmine-0.5.1/lib/

Textile記法については、こちらを参照してね。

config/database.ymlの作成

config/database.ymlを作成するよ。

% vi config/database.yml

次のような内容にするよ(このファイルも実は他のSQLite3を使ったRailsアプリのものから流用したものだよ)。

# SQLite version 3.x
#   gem install sqlite3-ruby
development:
  adapter: sqlite3
  database: db/development.sqlite3
  timeout: 5000

# Warning: The database defined as 'test' will be erased and
# re-generated from your development database when you run 'rake'.
# Do not set this db to the same as development or production.
test:
  adapter: sqlite3
  database: db/test.sqlite3
  timeout: 5000

production:
  adapter: sqlite3
  database: db/production.sqlite3
  timeout: 5000

初期データベースの作成

次のコマンドで、初期データベースの作成と初期データインポートを行うよ。

% rake db:migrate RAILS_ENV="production"
% rake load_default_data RAILS_ENV="production"

「Select language」には「ja」を回答してね。

SMTP サーバの設定

redMineユーザ登録やバグ登録などのイベントが発生した場合に連絡するメールを送信するためのメールサーバを指定するよ。

% vi config/environment.rb

config.action_mailer.smtp_settingsのあたりを、送信可能なメールサーバに指定するよ(実はまだここはきちんと設定していないので、あとで設定したいと思うよ)。

ちなみに、メールの送信機能を使わない場合は、次のように

        config.action_mailer.perform_deliveries = true

となっているところを

        config.action_mailer.perform_deliveries = false

のように変更すれば、redMineメール通知機能を無効にできるよ。

config/routes.rbの編集

config/routes.rbを編集するよ。

% vi config/routes.rb

ファイルの一行目(「ActionController::Routing::Routes.draw do |map|」の上あたり)に、次の内容を追加するよ。

ActionController::AbstractRequest.relative_url_root = '/redmine'

ActionController::Routing::Routes.draw do |map|
...

シンボリックリンクの作成

publicディレクトリにシンボリックリンクを作成するよ。

% cd public
% ln -s . redmine
% cd ..

サーバの起動

次のコマンドで、サーバを起動するよ。

% ruby script/server -e production -p 4000 &

今回のAwarad on Railsレンタルサーバでは複数のユーザーで共用で利用しているから、もしも4000番ポートを他のユーザーが利用している場合は変更する必要があるよ。その場合、あとで説明するDeleGateの設定も同様に変更する必要があるよ。

現在使用中のポート番号を調べるには、netstatコマンドを利用するよ。

% netstat -na

DeleGateの起動

DeleGateについては別のドキュメントにまとめたから、そちらを参照してね。

redMineへのアクセス日本語

Webブラウザhttp://[レンタルサーバホスト名]:[Railsアプリ公開用指定ポート]/redmine/ を開くとredMineアクセスできるよ。

インストール直後はユーザー名:admin、パスワード:adminで管理者としてログインできるよ。ログインしたら「MyAccount」→「Language」→「Japanese 日本語 」で表示を日本語化できるよ。

参考

トラックバック - http://rubyist.g.hatena.ne.jp/muscovyduck/20070729