バリケンのRuby日記 RSSフィード

2009-08-23

[][][] 「Ramazeを使って120行で作る単語帳アプリ」 on GAE/J  「Ramazeを使って120行で作る単語帳アプリ」 on GAE/J - バリケンのRuby日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  「Ramazeを使って120行で作る単語帳アプリ」 on GAE/J - バリケンのRuby日記  「Ramazeを使って120行で作る単語帳アプリ」 on GAE/J - バリケンのRuby日記 のブックマークコメント

Ruby Freaks Lounge:第12回 Ramazeを使って120行で作る単語帳アプリ|gihyo.jp … 技術評論社」という記事にある単語帳アプリを、Google App Engine for Java上でJRubyを使って動かすための、自分用のメモだよ。

ここでの手順は、Windowsで行うことを想定しているよ。

あと、残念ながらバリデーションがうまく動かなかったから、ここでの例では同じ単語を複数登録することができてしまうよ。

Java SDKのダウンロードとインストール

まだJava SDKをインストールしていない人は、ダウンロードしてインストールしてね。

Java SDKをインストールするには、Java SDKのダウンロードサイトにアクセスして、下のほうにある「JDK 6 Update 16」の右側の「Download」をクリックしてね。Platformは「Windows」を選択してね。

ダウンロードしたインストーラ「jdk-6u16-windows-i586.exe」をダブルクリックすると、インストールが始まるよ。

Google App Engine for Java SDKのダウンロードと展開

まだGoogle App Engine for Java SDKを入手していない人は、ダウンロードしてね。

Google App Engine for Java SDKを入手するには、Google App Engineのダウンロードサイトにアクセスして、「appengine-java-sdk-1.2.2.zip」をクリックしてダウンロードしてね。ダウンロードした「appengine-java-sdk-1.2.2.zip」ファイルは圧縮されているから、Cドライブ直下に展開してね。

ramazewordsディレクトリの作成

コマンドプロンプトを起動して、次のようにコマンドを入力してね

空白を含むパス上だとうまく動かないみたいなので、ここではCドライブ直下に作成しているよ

> cd \
> mkdir ramazewords
> cd \ramazewords

jruby-complete-1.3.1.jarのダウンロードと設置

まだ「jruby-complete-1.3.1.jar」を入手していない人は、ダウンロードしてね。入手先はJRubyのサイトだよ。

jruby-complete-1.3.1.jar」をクリックしてダウンロードしたら、先ほど作ったC:\ramazewordsフォルダに配置してね。

WEB-INFフォルダの作成

先ほど作った「ramazewords」ディレクトリの中に、次のように3つのディレクトリを作成するよ。

> mkdir WEB-INF
> mkdir WEB-INF\gems
> mkdir WEB-INF\lib

Ramaze、DataMapperのインストール

JRubygemコマンドを使って、必要となるライブラリを入手するよ。

> set JAVA_HOME=C:\PROGRA~1\Java\jdk1.6.0_16
> set PATH=%JAVA_HOME%\bin;C:\appengine-java-sdk-1.2.2\bin;%PATH%
> java -jar jruby-complete-1.3.1.jar -S gem install -i WEB-INF\gems ramaze --no-ri --no-rdoc
> java -jar jruby-complete-1.3.1.jar -S gem install -i WEB-INF\gems addressable --no-ri --no-rdoc
> java -jar jruby-complete-1.3.1.jar -S gem install -i WEB-INF\gems dm-datastore-adapter --no-ri --no-rdoc
> java -jar jruby-complete-1.3.1.jar -S gem install -i WEB-INF\gems dm-validations --no-ri --no-rdoc
> rmdir /s /q WEB-INF\gems\bin
> del /q WEB-INF\gems\cache\*

jruby-core.jarruby-stdlib.jarlibフォルダに作成

次のようにコマンドを入力して、「jruby-complete-1.3.1.jar」から「jruby-core.jar」と「ruby-stdlib.jar」を作成するよ。ここでは元となる「jruby-complete-1.3.1.jar」は削除しているけど、削除したくない人は他のフォルダにコピーしておいてね。

> mkdir tmp_unpack
> cd tmp_unpack
> jar xf ../jruby-complete-1.3.1.jar
> cd ..
> mkdir jruby-core
> move tmp_unpack\org jruby-core
> move tmp_unpack\com jruby-core
> move tmp_unpack\jline jruby-core
> move tmp_unpack\jay jruby-core
> move tmp_unpack\jruby jruby-core
> cd jruby-core
> jar cf ../jruby-core.jar .
> cd ..\tmp_unpack
> jar cf ../ruby-stdlib.jar .
> cd ..
> rmdir /s /q jruby-core
> rmdir /s /q tmp_unpack
> move jruby-core.jar WEB-INF\lib
> move ruby-stdlib.jar WEB-INF\lib
> del jruby-complete-1.3.1.jar

appengine-api-1.0-sdk-1.2.2.jarのコピー

次のコマンドを入力して、「appengine-api-1.0-sdk-1.2.2.jar」ファイルをコピーするよ。

> copy C:\appengine-java-sdk-1.2.2\lib\user\appengine-api-1.0-sdk-1.2.2.jar WEB-INF\lib

jruby-rack-0.9.5-SNAPSHOT.jarのダウンロードと配置

こちらのサイトから「jruby-rack-0.9.5-SNAPSHOT.jar」をダウンロードして、C:\ramazewords\WEB-INF\libに配置してね。ダウンロードは右下のほうの「raw」というリンクをクリックしてね。

WEB-INF/app.rbの作成

テキストエディタで次の内容を入力して、WEB-INFフォルダの中にapp.rbという名前で保存してね。

require 'rubygems'
require 'ramaze'

require 'dm-core'
require 'dm-aggregates'
require 'dm-types'
require 'dm-datastore-adapter/datastore-adapter'
#require 'dm-validations'

# Model
DataMapper.setup(:datastore,
                 :adapter => :datastore,
                 :database => 'words')

class Word
  include DataMapper::Resource
  def self.default_repository_name; :datastore end
  property :id, Serial
  property :name, String
  property :description, Text,     :lazy => false

#  validates_is_unique :name
end
#DataMapper.auto_upgrade!

# Controller
class WordController < Ramaze::Controller
  map '/'
  engine :ERB
  layout 'default'

  def index
    @words = Word.all
  end

  def new
  end

  def create
    word = Word.create(
      :name => request[:name],
      :description => request[:description]
    )
    if word
      redirect r(:show, word.id)
    else
      redirect_referer
    end
  end

  def show(id)
    @word = Word.get(id)
  end

  def delete(id)
    redirect_referer unless request.post?
    word = Word.get(id)
    if word
      word.destroy
      redirect r(:index)
    else
      redirect_referer
    end
  end

  def random
    at = rand(Word.count)
    @word = Word.first(:offset => at)
    render_view :show
  end
end

WEB-INF/layout/default.html.erbの作成

テキストエディタで次の内容を入力して、WEB-INFフォルダの中にlayoutフォルダを作成して、そこにdefault.html.erbという名前で保存してね。あ、このファイルは日本語を含んでいるから、ファイルを保存するときは文字コードを「UTF-8」に設定してね。

<?xml version="1.0" ?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.1//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml11/DTD/xhtml11.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
  <head>
    <title>単語帳</title>
    <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
    <link href="/screen.css" rel="stylesheet" type="text/css" />
    <script type="text/javascript" src="/jquery-1.3.2.min.js" />
  </head>
  <body>
    <h1>単語帳</h1>

    <%= @content %>
  </body>
</html>

WEB-INF/view/index.html.erbの作成

テキストエディタで次の内容を入力して、WEB-INFフォルダの中にviewフォルダを作成して、そこにindex.html.erbという名前で保存してね。このファイルも日本語を含んでいるから、ファイルを保存するときは文字コードを「UTF-8」に設定してね。

<h2>単語一覧</h2>
<div class="box"><ul>
  <% @words.each do |word| %>
    <li><%= a(word.name, :show, word.id) %></li>
  <% end %>
</ul>
</div>

<ul>
  <li><%= a("(新規作成)", :new) %></li>
  <li><%= a("(ランダム表示)", :random) %></li>
</ul>

WEB-INF/view/new.html.erbの作成

テキストエディタで次の内容を入力して、WEB-INFフォルダの中のviewフォルダの中にnew.html.erbという名前で保存してね。このファイルも日本語を含んでいるから、ファイルを保存するときは文字コードを「UTF-8」に設定してね。

<h2>単語の追加</h2>
<form method="POST" action="create">
  <ul>
    <li>単語:<input type="text" name="name"></li>
    <li>解説:<textarea name="description" cols="80" rows="10"></textarea></li>
    <br/><input type="submit" value="登録">
  </ul>
</form>
<%= a('キャンセル', :index) %>

WEB-INF/view/show.html.erbの作成

テキストエディタで次の内容を入力して、WEB-INFフォルダの中のviewフォルダの中にshow.html.erbという名前で保存してね。このファイルも日本語を含んでいるから、ファイルを保存するときは文字コードを「UTF-8」に設定してね。

<div class="box">
  <h3><%=h @word.name %></h3>
  <pre><%=h @word.description %></pre>
  <a href="#" id="asdf">(削除)</a>
</div>

<%= a("一覧に戻る", :index) %>

<script type="text/javascript">
$(document).ready(function(){
  $("#asdf").click(function(){
    if(confirm('本当に?')){
      $.post("<%= r(:delete, @word.id) %>", function(){
        location.href = "<%= r(:index) %>";
      });
    }
  });
});
</script>

WEB-INF/public/screen.cssの作成

テキストエディタで次の内容を入力して、WEB-INFフォルダの中にpublicフォルダを作成して、そこにscreen.cssという名前で保存してね。

body {
  width: 60%;
  padding-left: 20%;
}
h1, h2, form, .box {
  border: 2px dashed black;
  margin: 10px;
  padding: 8px;
}

jquery-1.3.2.min.jsのダウンロードと配置

こちらのサイトから「jquery-1.3.2.min.js」ファイルをダウンロードして、C:\ramazewords\WEB-INF\publicに配置してね。

WEB-INF/appengine-web.xmlの作成

テキストエディタで次の内容を入力して、WEB-INFフォルダの中にappengine-web.xmlという名前で保存してね。

<appengine-web-app xmlns="http://appengine.google.com/ns/1.0">
    <application>ramaze_on_gae</application>
    <version>1</version>
    <static-files>
      <include path="/public/**.*" />
    </static-files>
    <resource-files />
    <sessions-enabled>false</sessions-enabled>
    <system-properties>
      <property name="jruby.management.enabled" value="false" />
      <property name="os.arch" value="" />
      <property name="jruby.compile.mode" value="JIT"/> <!-- JIT|FORCE|OFF -->
      <property name="jruby.compile.fastest" value="true"/>
      <property name="jruby.compile.frameless" value="true"/>
      <property name="jruby.compile.positionless" value="true"/>
      <property name="jruby.compile.threadless" value="false"/>
      <property name="jruby.compile.fastops" value="false"/>
      <property name="jruby.compile.fastcase" value="false"/>
      <property name="jruby.compile.chainsize" value="500"/>
      <property name="jruby.compile.lazyHandles" value="false"/>
      <property name="jruby.compile.peephole" value="true"/>
   </system-properties>
</appengine-web-app>

WEB-INF/web.xmlの作成

テキストエディタで次の内容を入力して、WEB-INFフォルダの中にweb.xmlという名前で保存してね。

<!DOCTYPE web-app PUBLIC
  "-//Sun Microsystems, Inc.//DTD Web Application 2.3//EN"
  "http://java.sun.com/dtd/web-app_2_3.dtd">
<web-app>
 
  <context-param>
    <param-name>public.root</param-name>
    <param-value>/</param-value>
  </context-param>
 
  <context-param>
    <param-name>rackup</param-name>
    <param-value>require 'rubygems'

class Thread
  def Thread.exclusive
    _old = Thread.critical
    begin
      Thread.critical = true
      return yield
    ensure
      Thread.critical = _old
    end
  end
end

require 'ramaze'

require 'app'

Ramaze.start(:root => __DIR__, :started => true)
run Ramaze
</param-value>
  </context-param>
 
  <context-param>
    <param-name>jruby.min.runtimes</param-name>
    <param-value>1</param-value>
  </context-param>
 
  <context-param>
    <param-name>jruby.max.runtimes</param-name>
    <param-value>1</param-value>
  </context-param>
 
  <context-param>
    <param-name>jruby.init.serial</param-name>
    <param-value>true</param-value>
  </context-param>
 
  <filter>
    <filter-name>RackFilter</filter-name>
    <filter-class>org.jruby.rack.RackFilter</filter-class>
  </filter>
  <filter-mapping>
    <filter-name>RackFilter</filter-name>
    <url-pattern>/*</url-pattern>
  </filter-mapping>
 
  <listener>
    <listener-class>org.jruby.rack.RackServletContextListener</listener-class>
  </listener>
 
</web-app>

data_objects_adapterにモンキーパッチを適用

C:\ramazewords\WEB-INF\gems\gems\dm-aggregates-0.9.11\lib\dm-aggregates\adaptersフォルダの中にあるdata_objects_adapter.rbの46行目以下の

      module SQL
        private

        alias original_property_to_column_name property_to_column_name
...

となっているところに、property_to_column_nameの定義を次のように追加するよ。

      module SQL
        private

        def property_to_column_name(repository, property, qualify)
          table_name = property.model.storage_name(repository.name) if property && property.respond_to?(:model)

          if table_name && qualify
            "#{quote_table_name(table_name)}.#{quote_column_name(property.field(repository.name))}"
          else
            quote_column_name(property.field(repository.name))
          end
        end

        alias original_property_to_column_name property_to_column_name
...

開発用サーバの起動

次のコマンドを入力して、開発用サーバを起動してね。

> dev_appserver.cmd .

Webブラウザで開発用サーバにアクセス

http://localhost:8080/にアクセスして、動作確認してね。

Google App Engineにデプロイ

「appengine-web.xml」の「application」と「version」を適切に設定して、次のコマンドを実行してね。

> appcfg.cmd update .
トラックバック - http://rubyist.g.hatena.ne.jp/muscovyduck/20090823