enjoy Ruby! このページをアンテナに追加 RSSフィード

   papandaのRubyを楽しむ日記。

2006-11-25

プログラミングRuby(言語編)~第2章Ruby.new

Rubyの基本

Rubyでのコンストラクタの書き方。

クラス名.new

song1 = Song.new("enjoy Ruby!")


#簡単なプログラム

def say_hello(name)

ret = "Hello World " + name

return ret

end

puts say_hello("papanda")


コメントは、#で始める。

行末のセミコロンは不要。

変数の宣言は不要。代入時に変数が割り当てられる。

メソッドを呼ぶ際の括弧は不要。

puts say_hello "papanda"

でも言いわけだ。

これが、最初の戸惑いだった。

Thomasさんも、単純なケースを除いて、括弧で囲むことを

お勧めしているので、安心してそれに従おう。


ダブルクォートで囲まれた文字列は以下のようなことが

できる。

puts "hello,\npapanda"

これはもちろん、

hello,

papanda

と出力される。


def say_hello(name)

ret = "Hello World #(name)"

return ret

end

という式の展開も行うことができる。

なお、最後の文が戻り値となるので、

def say_hello(name)

"Hello World #(name)"

end

という書き方も許される。


Rubyの命名規則について。

配列ハッシュ

a = [1,'cat',nil]

という書き方。添え字は0はじまり。

a[0]は、1となる。


ハッシュは、

inst_section = {

'cello' => 'string',

'clarinet' => 'woodwind'

}

という書き方。

アクセスするには、

inst_section['cello']

となる。

文修飾子

if count > 10

puts "ten!"

end

は、

puts "ten!" if count > 10

とも書ける。


yield

def call_back

puts "start"

yield

yield

puts "end"

end

call_back {puts "hello"}

結果は、

start

hello

hello

end

メソッドは自分に関連付けられたブロック

yield文で呼び出すことができる。

トラックバック - http://rubyist.g.hatena.ne.jp/papanda0806/20061125