enjoy Ruby! このページをアンテナに追加 RSSフィード

   papandaのRubyを楽しむ日記。

2007-05-14

AptanaIDEで、Railsアプリを作ろう!

まずは、「ファイル」からRailsアプリケーションを作る。


DBへの接続の設定をする。

configフォルダの下に、database.ymlができる。

中身を適宜変更する。

(例)

development:
  adapter: mysql
  database: test
  username: root
  password: xxxx
  host: localhost

Generatorsビューから、「model」を選択する。名前は

適当に、memoとでもしようか。

これで、app/modelsフォルダの下に、memo.rbが作成される。


次は、CreateTableのためのファイルを用意する。

db/migrateフォルダの下に、既に、001_create_memos.rbが

用意されている。

この中身を編集する。

class CreateMemos < ActiveRecord::Migration
  def self.up
    create_table :memos do |t|
      t.column :name, :string
    end
  end

  def self.down
    drop_table :memos
  end
end

ごっつ、適当


Rake Tasksビューから、db:migrateを選択する。

そのままでは、そっけないログしかをコンソールに出さないため、


念のために、MySQLのCommandLineからTableを確認する。


mysql> show tables;

+----------------+

| Tables_in_test |

+----------------+

| memos |

| schema_info |

+----------------+

2 rows in set (0.00 sec)


memosテーブルと、管理用のschema_infoができている。

schema_infoでバージョンを管理する。


最後に、Generatorsビューで、「scaffold」を選択。

テキストエリアには、「memo」を入力し、実行。

CRUDアプリケーション自動生成する。


Serversビューから、Webサーバを立ち上げる。

後は、動作確認。


Generatorsコマンドや、Rakeタスクが既に、用意されている

ので、思い出す必要がなく、その辺は便利。

トラックバック - http://rubyist.g.hatena.ne.jp/papanda0806/20070514