Hatena::Grouprubyist

PraggerとTaskPrizeと RSSフィード

2009-04-13

早速Praggerを導入してみる

| 12:00 | 早速Praggerを導入してみる - PraggerとTaskPrizeと を含むブックマーク はてなブックマーク - 早速Praggerを導入してみる - PraggerとTaskPrizeと 早速Praggerを導入してみる - PraggerとTaskPrizeと のブックマークコメント

Praggerの入手方法は GetPragger

Shun Ikejima

まずはGetPragger。

<a href=http://xxxxx/Dwarf_Cars_Sale.htm>Dwarf cars sale</a> Damage cars for sale carwadpl9981
http://pragger.ikejisoft.com/wiki/GetPragger

スパマーに蹂躙されてる(;´Д`)

Version3が正しいページの最新みたいです。

Subversionで入手

現在のところ、この手段しかありません。 コマンドラインから次のように入力します。

> svn co http://pragger.ikejisoft.com/svn/pragger/trunk/ pragger

すると、praggerというディレクトリが作られファイルがずらずら展開されます。

pragger.rb
Praggerの本体です。
plugin
標準のプラグイン群が入っているディレクトリです。

とのことですが、Turtoise SVNが入っているのでコマンドラインからじゃなくGUIからチェックアウトしてみる。

エクスプローラ上のインストールしたい場所で何もないところを右クリックしてCVS Checkout。

f:id:regicat:20090413124953p:image

Praggerのリポジトリアドレス指定してOK押したら、Praggerのソースファイルが続々と落ちてきました。

Using Praggerに従って実行。

http://dl.getdropbox.com/u/699145/hayakawasan.rdf

おお、でけたでけた。すごい、Plaggerの時の苦労が嘘のよう。簡単だなあ。

参加しました

| 10:54 | 参加しました - PraggerとTaskPrizeと を含むブックマーク はてなブックマーク - 参加しました - PraggerとTaskPrizeと 参加しました - PraggerとTaskPrizeと のブックマークコメント

よろしくおねがいしまーす。

Rubyをはじめたわけ

そもそも、Rubyを学ぼうと思ったきっかけは、このソフトでした。

TaskPrize - K2 Software’s Page

ツリーメモ的でもあり、アウトラインプロセッサ的でもあり、スケジュール管理やタスク管理にも使える。ずいぶん昔にでたソフトですが、今でもとても便利に使えるものです。

そして、プラグインによる拡張も可能なのですが、そのプラグインの中に、Rubyをマクロ言語として使えるようにするものがあるのです。Rubyでスクリプトを書けば、ソフトの操作を自動化したり、データを任意のフォーマットのテキストなどにエクスポートしたりできるようになる。

そこで、いっちょRubyをものにして、このTaskPrizeをもっと便利に使いこなしたろ、というのがこの日記の趣旨であります。

Praggerをはじめたわけ

で、TaskPrizeを自動化……というとこで思いついたのがPraggerとの連動。Remember the MilkGoogle CalendarのフィードをTaskPrizeにとりこんでタスク管理したり、ニュースフィードを取り込んでTaskPrize上でブログ記事書いてそれをまたPublishしたり、いろいろ夢がひろがりんぐ!

ということでこの日記タイトルと相成りました。コンゴトモヨロシク。

ゲスト



トラックバック - http://rubyist.g.hatena.ne.jp/regicat/20090413